健康サポート

くらしのヘルスケア

梅雨の前のダニ対策

梅雨の季節が近づいてきました。じめじめした日が続き、高温多湿になるとダニが繁殖しやすくなります。家庭内だけでなくオフィスでも最近被害が増えています。

室内のダニはおよそ40種ですが、人に害を及ぼすダニの代表はチリダニです。じゅうたんや畳、布ソファー、寝具などに生息し、人のフケやあかを食べて増えます。

チリダニは人を刺すことはありませんが、ダニの糞や死がいがアレルゲンとなり、アトピー性皮膚炎や鼻炎、気管支喘息の発症や悪化要因となるといわれています。

このチリダニが増えてくると、それを食べるツメダニも増えてきます。人を刺すダニで、刺されると8〜48時間後に赤く腫れて、1週間ほどかゆみが続きます。

ダニ退治のポイントは換気と除湿、掃除です。カビを食べて増えるダニもいるので、湿度を60%以下に抑えるなど、カビ対策も並行して行う方が効果的です。

ページの先頭に戻る


季節の健康トピック

(2017年5月10日更新)
長時間乗り物に乗るときなどは血栓予防を心がけて

ものしり医療メモ

(2017年5月15日更新)
症状からわかること「胃痛、胃もたれ」

すこやかレシピ

(2017年4月27日更新)
カツオの松の実風味サラダ