健康サポート

ものしり医療メモ

乾燥によるかゆみ

冬本番になり、寒さとともに空気が乾燥し、室内は暖房でさらに乾いています。肌の皮脂の分泌も夏に比べて少なくなり、皮膚はうるおいを失いかさかさしてきます。

肌が乾燥すると、かゆみを感じたりヒリヒリして、湿疹ができることがあります。かゆみがあるとつい掻いてしまいますが、それが刺激になりまたかゆみが生じます。

乾燥によるかゆみには皮膚の水分を保つことが大切です。体を洗いすぎないようにし、室内を加湿します。ドライスキンの方は入浴回数を減らすのも効果があります。

入浴後などにはワセリン等の保湿剤で皮膚に脂分を補いましょう。かゆみが強いときはステロイド外用薬や非ステロイド系外用薬、抗ヒスタミン薬などが使われます。

しかし、かゆみは糖尿病などの病気やストレス、服用している薬が関係していることもあります。かゆみがおさまらないときは、皮膚科を受診しましょう。

ページの先頭に戻る


季節の健康トピック

(2017年11月6日更新)
冷え性対策、万全ですか?「冷え」のシーズン本番前に予防を

くらしのヘルスケア

(2017年10月16日更新)
症状からわかること「抜け毛がひどい」

すこやかレシピ

(2017年10月23日更新)
焼き豆腐となまり節の煮物