健康サポート

ものしり医療メモ

症状からわかること「胃痛、胃もたれ」

胃痛や胃もたれ、膨満感(ふくれた感じ)といった症状は誰もが一度は経験するもの。でも、長く続くときは、胃や十二指腸などの潰瘍や炎症が考えられます。また、早期の胃ガンでも、このような症状がみられることがあるので、症状が一週間以上続くときは、早めに受診し、検査を受けてください。

胃痛

空腹時に痛む

考えられる病気

  • 十二指腸潰瘍
  • 逆流性食道炎など

十二指腸の粘膜にただれや潰瘍があると、空腹時に胃酸が分泌されると、みぞおちにしくしくした痛みを感じます。就寝時に強い胸焼けを感じるときは、胃酸が逆流して食道に炎症が起きている場合もあります。

食後1〜2時間後に痛む

考えられる病気

  • 胃潰瘍など

食欲は旺盛なのに、食後しばらくするとみぞおちや背中が痛むという人は、胃潰瘍の可能性があります。食欲はあるので、暴飲暴食を続け、悪化させてしまうことがあるので、注意しましょう。

ストレスを感じると痛む

考えられる病気

  • 急性胃炎など

いやなことがあると胃がずきずき痛んだり、食欲がない、眠れないという人は、ストレスによって消化作業を調節している神経のバランスが崩れているのかもしれません。放置していると、症状が進行して突然吐血する場合もあるので、早めの受診を。

胃もたれ、むかつき、膨満感

考えられる病気

  • 慢性胃炎
  • 一過性の消化不良など

慢性胃炎では、軽い胃痛や胸焼けを伴うこともあります。食後に起きた場合は、食べ過ぎや飲み過ぎが原因のことが多く、吐き気や嘔吐、下痢を伴う場合もあります。また、脂っこいものを食べると必ず胃もたれやむかつきが起きる人は、胆石の可能性もあります。

胃炎と胃潰瘍ってどう違うの?

胃炎とは、何らかの原因により、胃粘膜がただれたり、むくんでいる状態をいいます。一方、胃潰瘍は、胃酸の過剰分泌などにより胃粘膜に欠損が生じた状態。粘膜の奥深くまで破れると(「穿孔」)、手術が必要になります。

特に原因がない場合も

胃痛や胃もたれなどの症状は、炎症や潰瘍がなくても起こることがわかっています(「機能性胃腸症」)。検査で異常なしだったのに、症状が治まらない人は、症状のコントロールを医師に相談し、日常生活においては、あまり神経質にならないようにしましょう。

胃の調子が悪いときの注意

  • 食事は規則正しく3食とる。朝食抜きは避ける
  • コーヒーは胃酸の分泌を促すので避ける(特に空腹時は避けること)
  • お酒、たばこ、刺激の強い食べ物は控える
  • 消化のよいメニューを心がける(食物繊維や脂肪分の多い食べ物は胃に負担がかかるので控えめに)

ページの先頭に戻る


季節の健康トピック

(2017年5月10日更新)
長時間乗り物に乗るときなどは血栓予防を心がけて

くらしのヘルスケア

(2017年5月22日更新)
梅雨の前のダニ対策

すこやかレシピ

(2017年4月27日更新)
カツオの松の実風味サラダ